エムズコーポレーションでは韓国からの「蝦夷アワビ」の仕入れ・輸入卸販売を中心に生鮮食品の加工、販売を行っています。輸入元だからこその高鮮度・低価格で全国へお届けします。

天然アワビと養殖アワビの違い

蝦夷アワビの天然ものと養殖ものの違い

弊社が主に扱っています、蝦夷アワビですが、もともとは三陸地方や北海道などで多く採られており、現在でも天然の蝦夷アワビの産地として人気があります。

韓国の莞島という地域は対馬海流の温暖な黒潮の影響を直接受けアワビにとって最も育ちやすい環境にあります。また、サイズも安定していてホテル・旅館・飲食店様にはとても使いやすいと評判です。

価格も国内産の黒アワビに比べると非常に安価で、肉厚も良く、味は黒アワビと全く変わりはありません。

天然と養殖の違いですが殻の色で判別できます。

天然物は荒波にもまれ殻がごつごつしているのに対し、養殖物はきれいな緑色(ワカメ・昆布を食べるため)をしています。

お気軽にお問い合わせください TEL 083‐249‐6538 受付時間 平日:9時〜17時、土日:9時〜12時

PAGETOP
Copyright © 有限会社エムズコーポレーション All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.